« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

発芽から90日経過した9代目グリムス

グリムス君が、グタァ~っと夏バテ中。

発芽から90日経過した9代目グリムス

発芽から

90日経過しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9代目グリムス君の6回目の成長

思いがけずに

グリムスイベントが立て続けにやってきて、

グリムス君の成長を見落としそう。

しかも、葉の枚数は変わらず、

色だけ変わる成長もありました。

『○回目の成長』は

直近では3回目なので、次は4回目と思いきや、

イベント開始と同時に成長もやってきているので

9代目グリムス君の6回目の成長

9代目グリムス君、

6回目の成長です。

続きを読む "9代目グリムス君の6回目の成長"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発芽から80日経過した9代目グリムス

蛍が飛び交う仕様グリムスから


2014年七夕仕様グリムスになり、

7月7日はさらに変化があって、

織姫と彦星の登場。いや、再会だね。

そして、サッカーW杯仕様

これも最終日に閉会式バージョン

メルマガで、

毎年6月はグリムスイベントがないけど~

W杯仕様と思わせて、蛍仕様というフェイク。

そしてそのフェイクは、

目まぐるしく変化するための布石だったような・・・。

で、久々に、通常仕様に戻ったグリムス君↓

グリムス君が、グタァ~っと弱らないよう定期更新(水やり)

発芽から80日経過した9代目グリムス

発芽から

80日経過しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯閉会式でグリムス君がMVP

サッカーブラジル大会が残り1週間になって

soccerW杯仕様になったグリムス君bud

出遅れ感は否めない。 アディショナルタイム

W杯閉会式でグリムス君がMVP

しかぁ~し、

閉会式では誰よりも前に前に。

まるでMVPをとったかのよう。

若干、背が足らず、

埋もれ気味ですが・・・smile

ちなみに、

W杯閉会式でグリムス君がMVP

日本時間14日1時には

既に閉会式仕様になってました。

おそらく日付が変わってすぐに

閉会式が始まったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発芽から75日経過した9代目グリムス

グリムス君が、グタァ~っと弱らないよう定期更新(水やり)

発芽から75日経過した9代目グリムス

発芽から

75日経過しました。

さて、サッカーワールドカップが終わりに近づいてます。

サッカー仕様なのに、マラソンでたとえるのは何ですが、

グリムス君のW杯仕様は見納め、ゴール間近。

ゴールと言えば、

グリムス君の後にあるサッカーゴール、

ここのグリムス君はまだまだちっちゃいので

良く見えてますが、

完全に隠れている場合もあるんですねsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アディショナルタイム

『ロスタイム』の方が聞きなれているわけですが

今は『アディショナルタイム』なんですねぇ~soccer

グリムス君の方もアディショナルタイムかな?

サッカー色が全く無かったグリムス君。

予告もフェイクでした。

蛍が飛び交ってからの七夕仕様

で、通常仕様か蛍仕様に戻ると思いきや、

FIFAワールドカップ仕様グリムス

ここでまさかの

W杯仕様soccer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

禁断の再会

一年に一度、七夕の夜だけ逢うことを許された織姫と彦星shine

7月7日の夜っちゃー夜ですが、

七夕仕様グリムス

深夜1時ごろ、

グリムスの前にて再会heart02

逢いたかったのでしょう。

気持ちはわかりますが、

数時間フライング。

これを遠距離恋愛と言わずして何と言うか。

その距離は

15kmじゃないですよ、15光年だそうだ。

再会後は15光年離れなきゃいけない。

移動だけに丸々一年費やしているのか

瞬間移動できるのか不明ですが、

一年に一度だけの再会。

濃密な一夜をグリムス君の前で?

続きを読む "禁断の再会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年 七夕仕様グリムス

毎年この時期は、立派な竹が立てかけられるグリムス君。

2014年 七夕仕様グリムス

今年も・・・

あら?ちょいと違いますな。

短冊も増えてます。

2013年 七夕仕様グリムス

ちなみに、

昨年の七夕仕様グリムス君

←←←

2014年 七夕仕様グリムス

せっかくですから

夜バージョン。

もちろん今年の。

←←←

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »